生活保護をやさしく解説!

財産を持ってはいけない?-生活保護をやさしく解説!

財産は持ってはいけないのか

 こちらのページでは、財産を持ってはいけない?について、
わかりやすくご紹介しております(^^)


 生活保護を受けるためには、申請の際、財産をチェックされます。
財産というと、家・土地・車・貯金などです。

 まず土地ですが、住むための家や土地であれば、そのまま保有が認められます。ただし、豪華なお家で、売却益が大きい場合は、家や土地を売って生活費に充てるように勧められます。

 次に、ですが、通常認められません。公共の交通機関を使ってくださいと言われます。ただし、著しく不便な場所であれば、通勤用だけ使用可と認められるケースもあります。

 最後に貯金ですが、貯金は最低生活費の50%(1ヶ月の生活費の半分)しか保有してはいけないことになっています。ですので、申請時点で貯金がある場合は、それを使い切ってから申請するように言われます。

 以上です。
生活保護者に認められる財産というのは、必要最低限だけということです。

ページの一番上へ>          次のページ→生活保護受給者の割合
サイトのTOPページへ